ゴルフスイングの基本と弾道

ゴルフスイングの基本として、多くの人がボールを右へプッシュすると、今度は手を返して左方向へ打とうと考えます。手を返しすぎてヒッカケになるると、今度は手の返しを少なく抑えて、ストレートに打とうとするのは当然の策です。

しかし、手先でボールを操ることばかししていては、いつまでたってもゴルフスイングの基本が安定しないと思う人もいるようです。人それぞれですから否定はしません。

また、手先を使っていては思い切って振れないかもしれませんが、飛距離と方向性の両方を狙うのは欲張りなゴルフスイングというものです。

欲張りはどうすれぼ安定して真っすぐ遠くへボールを飛ばすのかと考えるようです。練習では、ゴルフスイングという結果が必要です。弾道を生み出した原因、すなわち、身体の動きにそれほど注意してはいられません。

打球は、ヘッドが遅れると右へ飛びますし、ヘッドが先行すると左へ飛び出すことは高校生でもわかる話でしょう。小学生にわかる範囲としては、肩と手とヘッドがシンクロして動けば、打球は真っすぐ飛び出すという説明は無理があるでしょう。

ヘッドが先行したと感じた途端、次のショットで肩の動きを少し速めることは容易ではありません。反対にヘッドが遅れたと感じた途端、次のショットで肩の動きをわずかに遅くするなんて不器用な私たちには無理でしょう。

ゴルフスイングの運動の流れの中でヘッドではなく、肩の動きを調整するのは大変でしょう。自分の体と会話できるはずもありません。しばらく続けていると、ちょうどいい具合がわかるのかもしれませんが、私たちの持ち時間は限られています。

連続して真っすぐ打ち出せるゴルフスイングがマスターできる日はいつになるでしょうか。

ゴルフスイングの練習場所

ゴルフスイングの練習場所についてです。ゴルフコースでは、ティーグラウンドからグリーンまで、フェアウェイのセンターをストレートに進むことは少ないでしょうと指摘を受けました。さも、優越感丸出しの表情です。

ドライバーショットであれ、グリーンを狙うアプローチショットであれ、フェアウェイを斜めに横切るゴルフスイングをする機会ばかりなのが普通です。

だからこそ、斜めショットは指摘されるまでもなく難しいのです。ゴルフfコースの中心線に対して斜めに構えると違和感を感じるのはどうやら下手なゴルファーという声も聴こえてきます。この違和感はミスショットの前兆でしょうが占い師ではないのでよくわかりません。

コースで安定したゴルフスイングをするには、御神社で御神籤を引いてから斜めショットに慣れるようにしましょう。打ちっ放しのゴルフ練習場では、せめて上層階の両端以外からセンター狙いの練習をしましょう。

端部の打席は、斜めになっていて、その上、打席前の床が斜めに切れている影響で、違和感があるので好きではありません。端部打席での練習は嫌いなので、本番のコースにおいてだけ斜めのゴルフスイングをしたいです。

毎回のゴルフスイングの練習のたびに右端と、左端の打席を選ぶのは気を使って苦労します。右か左か、どちらかの打席と相性が良い方を選ぶべきでしょう。

相性が悪い打席でしか練習できない日は大凶の日です。端部の打席での練習を続けていると、気持ちまで傾いてしまいます。違和感が、しだいに薄れていくのなら良いのですがそれは我ままでしょう。

右腕の形とトップ

ゴルフスイングの基本としては、右腕の形をコンスタントであればトップ・オブ・スイングもすんなり決まるものです。トップが安定しないとゴルフスイングも一定になりません。再現性という要因はゴルフスイングの成功確率を高める上で、欠かせないポイントです。

しかし、出たとこ勝負のようにラウンドするたびにスイング軌道が安定しないゴルファーも多いのです。出来の善し悪しの違い大きすぎるということです。当人は、いったいどこに原因があって、安定したゴルフスイングができないのか、ずい分と悩むことでしょう。ここでは、「ゴルフスイングの情報サイト」を参考にしています。

ゴルフスイングがばらばらになるのは

いつもゴルフスイングがばらばらになるのは、本質を見ると、トップ・オブ・スイングの位置の決まり具合がしっかりしているかどうかにかかっているように思えます。ダウンスウィングのスタートとなるのがトップ・オブ・スイングですが、これが安定していないので、スイング軌道も一定ではなくなるのです。

この思考を深めてみると、とりあえずトップ・オブ・スイングを固めることがゴルフスイング全体を大きなテーマであると認識できるでしょう。右手でトップ・オブ・スイングの形を作り、そこに左手の平を重ねてみましょう。

トップをしっかりと決めるためには、まず右腕だけでトップ・オブ・スイングの形をつくります。右耳の真横に右手を上げるのです。右手の平が、正面でやや上に向く形です。次に右手に左手の平を、重ね合わせてみましょう。左肩を右に回し込んで、左腕を伸ばして両手を合わせてみるのです。

基本になる動作はこれだけでおしまいです。手を上げる位置が安定しないでスイングが狂うかのですら不安定になるのであって、手の位置さえコンスタントに同じであれば、必ずスイングも一定してくるでしょう。